松田産業株式会社

 
 

環境関連事業の特徴

きれいな地球を未来に残すことは、今、人類に課せられた一番重要な使命のひとつです。松田産業は創業以来、資源の有効活用を原点として、多彩な事業を展開してきました。その過程で蓄積された豊かな技術、ノウハウと、時代のニーズが出会うことによって生まれたのが松田産業の環境関連事業です。

松田産業の貴金属リサイクル事業は、1935年、不要とされた感光材料から銀を回収することに始まっています。長年培われたこの処理技術を、さらにその他の様々な廃棄物処理へと転用することによって環境関連事業を大きく発展させてきました。地球環境の保護が、人類全体の義務として強く問われる以前から、この分野で全力を注いできました。

今後もより一層拡大することはもちろん、技術革新とユーザーのニーズから学ぶ姿勢によって、時代が求めるクリーンな環境づくりに貢献していきたいと考えています。

また当社は2005年8月より関東地区でのPCB廃棄物の収集運搬事業をスタートしました。国内で唯一、PCB廃棄物の処理施設を有する日本環境安全事業株式会社(JESCO)の東京事業所への入門許可を第1号で取得しています。2007年6月からは関西地区でも同事業をスタートさせました。松田産業は長年培った収集運搬のノウハウを活かし、法規制に沿った安全・迅速な対応で、お客様のご期待に応えます。

  • 全国収集運搬業許可(産業廃棄物・特別管理産業廃棄物)取得により、廃棄物を低コストで収集運搬いたします。
  • 車両運行管理システムによる走行軌跡等のデータをご提供することにより、廃棄物の移動の不安を解消いたします。(オプション対応)
  • 電子マニフェスト対応が可能で、お客様の初期費用を最小限に抑えたシステムをご提案いたします。
  • 長年の事業経験で培ったノウハウを活かし、リデュース・リユース・リサイクルなどの様々なご提案をいたします。
  • 希少金属、貴金属含有廃棄物のリサイクルのご提案に強みを発揮しています。
  • 廃棄物の種類・量の大小にかかわらずご対応いたします。お気軽にご相談ください。
 

Copyright ©MATSUDA SANGYO CO.,LTD. All rights reserved.