松田産業株式会社

 
 

廃試薬・廃薬品

廃試薬・廃薬品類の適正処分・リサイクルは当社におまかせ下さい。

不要となった薬品類はどのような処理をされてますか?

排水の分析や研究開発等でご使用になられた薬品類は、一定の期間でその役目を終え、廃棄されています。
実際に廃棄する上では薬品には様々な成分が含有されており、取扱いに知識が必要です。
当社は、創業より貴金属・廃棄物のリサイクルを手がけており、長年業界で培った処理技術、処理ネットワークにより、不用薬品の適正なリサイクル・処理をご提案致します。
また、当社は全国に産業廃棄物収集運搬業許可を取得し、多種の車輌を配備しており、小口から大口まで様々な荷姿に対応致します。
集荷の効率化により少量からでも運搬費の低コスト化をご提案致します。
さらに薬品類の中には金や銀等の稀少な貴金属が含まれているものがあり、微量な為、回収されずにその他薬品と共に処理されているのが現状です。
当社は貴金属製錬メーカーとしての回収技術を利用し、廃棄物からの貴金属回収も同時に行います。
現在、廃棄物として単純に処理している場合は、是非一度、当社にてご検討下さい。

 

当社への廃薬品類委託のメリット

廃薬品類リサイクル・処理フロー

1.(特別管理)産業廃棄物の全国対応
47都道府県での産業廃棄物の収集運搬業許可、特別管理産業廃棄物収集運搬業許可を取得しており、全国を広範囲に対応可能です。

2.少量からでも低コストでの集荷をご提案
全国に小口集荷網を整備しております。少量でも運送コストの軽減によるコストダウンをご提案致します。

3.廃薬品の適正処理ネットワーク
様々な薬品処理に対応する為、全国に適正処理が出来る処理会社のネットワークを構築してます。ご要望に応じて出張による仕分・廃棄リスト作成等、様々な処理をご提案致します。
※評価可能貴金属含有物については、個別にご確認下さい。

4.定期的なご案内
使用しなくなった薬品は多量に発生するものではないため、知らぬ間に保管場所に溜まってしまうことがあります。
当社より、定期的なご案内をさせていただくことにより、保管・廃棄の管理業務にご協力させて頂きます。

5.様々な廃棄物への対応
薬品類のリサイクル・処理のみならず、その他発生する廃液、廃機器類、廃蛍光灯、廃乾電池など多種多様な廃棄物の処理を当社に同時に委託される事で、廃棄物処理にかかる手間の削減、廃棄物処理費用のコストダウンにご協力致します。

 

廃薬品・廃液の処理処分

信頼の「MATSUDA 環境管理システム」

その他関連サービス

 

Copyright ©MATSUDA SANGYO CO.,LTD. All rights reserved.